デーリィたぬき通信

たぬきがウシと奮闘するブログ

楽しい楽しい結婚式

こんばんは。

今日はGWの楽しかった結婚式の思い出を。
今回の帰省はこの結婚式がメインといっても過言ではない。
新婦が大学のときの同級生で、式には当時の仲間たちが集合。
よく食べ、よく飲み、よく話した仲間たちだ。
私の学科は畜産系だったので、一緒にチーズを作り、ソーセージを作り、アイスを作り、皮を鞣し、馬に乗った仲間である。
みんな自分の好きなことがはっきりしており、5人で映画を観に行っても別々に観たい映画を観るような関係で、私が顔色を伺わずに自由に発言できるとても居心地のよい友達たちだ。

式場に到着し、再会に喜ぶ。卒業以来会っていなかった友達にも会えた。
ウェルカムドリンクには色とりどりのビールが並んでいる。
ハイネケンやコロナ、東京のクラフトビールスミノフやシードルもある。
春のあたたかい日差しの中飲むビールは最高だ。
受付を済ませてから挙式が始まるまでに1本空け、順調な滑り出しだ。

新婦に会うのも3年ぶりくらい。ウェディングドレス、とっっても似合っていた。
大学時代から付き合っていた方との結婚なので、なんだか感慨深い。
挙式が終わり、フラワーシャワーをしたり記念撮影をしたりして、ひと段落するかと思いきや、もうひとつイベントがあった。
式場の中庭にあるプールに風船を投げ込むというのだ。
「プールになんらかの形で関わりたい」という思いを少なからずみな抱いていた(?)ので、これは楽しかった。
ひとりずつ風船を手渡され、せーのでプールへ投げ込む。
すると重りがわりのスーパーボールと風船をつないでいた糸が水で溶け、たくさんの風船が空へ!

青空とカラフルな風船、新郎新婦の笑顔。なんていい日なんだろう〜
あっという間に楽しいひとときが過ぎ、披露宴の準備が始まった。
会場でも瓶ビールが待ち構えており、乾杯も待たずゴクゴク飲む。
披露宴が始まり、料理が運ばれてくる。
新郎新婦の入場やあいさつ、乾杯、いい意味でサクサク進む。
そして料理がどれもおいしい!!!ウェイターさんも親切。
途中私たちのテーブル(女性4、男性1)は全員がウコンを飲む。

魚料理が運ばれてきて、「お魚料理に合う白ワインをお持ちしましたが、いかがでしょうか?」と尋ねられる。
全員が「ください」と答える。
ほどなくして肉料理が運ばれてきて、「お肉料理に合う赤ワインをお持ちしましたが、いかがでしょうか?」と尋ねられる。
全員が「ください」と答える。
ここでウェイターさんが「それではこちらの白ワインはお下げしますか?」と聞いてくれたが、友達は「ある酒は飲まなければいけないので」と断っていた(私のはもう空だった)。
新婦もビールを欲していたので注ぎに行く。すっかりみんな出来上がってきた。
お色直しのドレスもとっても似合っていた。

楽しい披露宴は新婦から両親への手紙を読んで幕を閉じた。
なぜか私のテーブル唯一の男性が誰よりも泣いていて笑った。笑
さて、二次会である。
時間が許せば新婦も顔を出すと言ってくれていたので、式場近くのお店で待つこと数時間。
ここでもうひとり同級生が加わった(シンガポールから帰ってきた日だったそう)が、その頃には多くがダウンしていた。
しかしなぜかボトルワインを2本空け、順調に酔っぱらった。
最近の私のやらかしエピソードも笑い飛ばしてくれて、とてもリフレッシュできた!!
ブログも読んだよ〜笑ったよ〜〜と言ってもらえて嬉しい。笑いの要素あるかな?笑
結局19時すぎまで飲み続け、さすがにグロッキー。
帰りの電車で乗り過ごし、バスに乗り遅れそうになり走ったら一気に回って、自宅に着く頃にはヘロヘロだった。
でもちゃんと自分の家に帰ったので褒めてほしい(???)

友達っていいなあ。楽しかったなあ。
この楽しさは新郎新婦の細やかな気遣いとセッティングでできたものだと思う。感謝しなくちゃ。
またみんなで昔のように集まりたいな。同窓会やりたいな〜!
次の結婚式は6月、そして次は8月!自分の番はいつ来るのやら。笑
明日は札幌ぶらぶらしてBiSHのライブ、そのあと格安で取れた大通のホテルに泊まるので楽しみ。笑

おやすみなさい。