デーリィたぬき通信

たぬきがウシと奮闘するブログ

観劇ログ【キャッツ 190503マチネ@キャッツシアター】

とってもいい天気の中、都会のゴミ屋敷へ🙆‍♀️

グリザベラ :織笠 里佳子
ジェリーロラム
=グリドルボーン :奥平 光紀
ジェニエニドッツ :安宅 小百合
ランペルティーザ :山中 由貴
ディミータ :円野 つくし
ボンバルリーナ :金 友美
シラバブ :三代川 柚姫
タントミール :杉野 早季
ジェミマ :町 真理子
ヴィクトリア :引木 愛
カッサンドラ :片岡 英子
オールドデュトロノミー :橋元 聖地
アスパラガス
=グロールタイガー/
バストファージョーンズ :藤田 光之
マンカストラップ :北村 優
ラム・タム・タガー :上川 一哉
ミストフェリーズ :草場 有輝
マンゴジェリー :斎藤 洋一郎
スキンブルシャンクス :カイサータティク
コリコパット :押田 柊
ランパスキャット :分部 惇平
カーバケッティ :河津 修一
ギルバート :高野 佳基
マキャヴィティ :文永 傑
タンブルブルータス :岩崎 晋也

今日の座席はサイド回転席の上手側。
普段あんまり上手側で見ることないので新鮮だった!
雄猫ズが個人的に好きな方が多くて期待が高まる。
北村さんは「人間になりたがった猫」のさわやか青年ライオネルがまっすぐで純粋でかっこよくてイケメンで一発で気に入っていたので、アラジンからのマンカストラップという大役続きにも納得。
あまりマンクのイメージ浮かばず写真でしか拝見したことなかったけど、雰囲気は優しくもきちんとリーダーしているしっかり猫だった!声に安定感。
タガーナンバーのときの無表情っぷりがすごかった。萩マンやすすマンは下半身に重心のあるどっしりリーダータイプで、とくやマンはシュッとした俯瞰やれやれタイプなんだけど、北村マンクはその中間といった感じで、フレッシュさが残って今後どんな風になっていくのか楽しみ。
マキャがらみで私の横の通路を駆け抜けていくときの勢いがすごい。風が。
草場さんは札幌キャッツのコリコで大ファンに。踊るのだいすきー!にかーっ!って笑顔でしなやかに踊りまくるのがどれだけ目の保養になったか!
ミストもなんだか子猫っぽく、おとなしくて小さなかわいいかわいいかわいい黒猫って感じ。
でも踊りは抜群で、見せ場のターン(なんだっけ?フェッテ?)も難なくこなし、終始かわいいかわいいミストだった。
分部さん。ガンバの大冒険で小林唯くんと同時期にガンバ役を務めており、存在自体はよく知っていたものの、舞台で見るのは初めて、え、こんなイケメンランパスですか?顔、小さくないですか?
いくパスやまんどこパスがシュッとしていてダル〜みたいな雰囲気出しつつスタイリッシュな感じなのに対してぶんぶんパスはやんちゃみがあってかわいい。イケメン。イケメン。
押田コリコ、前回のキャッツ(観劇ログ【キャッツ 190210マチネ@キャッツシアター】 - デーリィたぬき通信)のときに推せる!と思って楽しみにしていた。
期待を裏切らないしなやかさ、次期リーダーとしての気概も十分だけどまだ遊び心も残っていてかわいさたっぷり。
でもニコニコするコリコじゃなくてわりとシリアスな表情が多かったんだよな〜〜そこがまた良い!
岩崎さん。札幌キャッツのミストで初見だったんだけど、今思えばなんてぜいたくな!それからウェストサイドのアクションや札幌LKのティモン、ソング&ダンス65と、何度か見ていて大好きな方。
ただキャッツは沼にハマったころには岩崎さん抜けてしまっていたので、もう一度猫の岩崎さんが見たいと思っていた。思いがけぬタイミングで見ることができてめちゃめちゃ嬉しい!
岩崎タンブルはなんというかもうお父さんだった。笑 タガーナンバーでかなり嫌そうにしてたのかわいかったし、スキンブルナンバーでも「俺はこれくらいでいいんだよ」みたいに控えめにニコニコしてたのかわいかった。
橋元さんデュト、上川さんタガー、斎藤さんマンゴ、カイサーさんスキンブル、河津さんカーバ、文永さんマキャは見たことあって、期待通り皆さん素晴らしかった。
特に斎藤さんマンゴ、大阪含め何度も見たことあるはずなんだけど、今日初めて近距離でたくさん見て、色気ありすぎでは、、、?ってなった。顔ちっさい身長高いすらっとしてるちょっぴり猫背で塩顔、やられる〜。
マンペルナンバーで「ラン…プルティ〜ザ!」って山中さんランペがドヤァしてるとき、あ〜主役はこっちみたいですね〜って顔でくしゃって笑って舌ぺろっと出してて私は死にました。笑
藤田さんバストファさん初見。声高い?バストファさんはともかくガス・グロタイはちょっと違和感あったな。
高野さんギルは見たことあるようなないような…ガスナンでわりと落ち着きなくそわそわしてたのかわいかった。
確認したら前回のキャッツも高野さんギルだったー!もっとしっかり見なければ。

雄猫のことばかり書いてしまったけど雌猫ズもとてもよかった。
織笠さんグリザは高音がファルセットよりでパンチが足りない気がする。そのかわり低音はよく響くので「ごらんよ」の歌い出しは引き込まれる。
奥平さんジェリロ2度目ましてくらいかな?迫力あるソプラノで、ジェリロというよりグリドルボーンがぴったり。
小百合さんジェニも何度か見ている。優等生なジェニエニドッツ、みんなで舞踏会したりしてるときは目立たないんだけどしっかり猫ズに目を配っていて、気配りじょうずなお母さんという感じ。
山中さんランペめっちゃ好き、見るたび好きになる、、、今日ジェリクル舞踏会の途中?でスロープ滑り降りてきたとき「にゃはッ」って笑ってた、、、舞台に戻っていくときも「ぅにゃ」みたいな声出してて、、、ええ、、、かわいすぎない、、、ネーミングのとき私のひとつ前の席の方ががっつりロックオンされてたんだけど、それ終わって私の横通りすぎるときも流し目でギロッて睨んではけていった、、、もう、、、
マンペルナンバーの完成度めちゃめちゃ高くて、メジャーバージョンもありだなと思えてきた、、マンゴとランペが楽しそうならそれで幸せです、、
円野さん!ジェミマで何度か見ていたけどディミータ見たことあったかな。気は強いけど優しいんだろうなと思えるディミータ。
金さんボンバルは何度か見たことある。マキャナンバーの「身のこなしはまるでヘビのよう」がなんかこう冷たくて色っぽくていいんだよね〜全体的にクールなボンバル。お色気控えめボンバル。
三代川さんバブははじめまして!鈴のようなきれいな声でかわいらしかった。
杉野さんタント。確かヴィクで見たような気がするけど、こんなにお顔小さいの?手足長いの?美しいの?っていちばん今回見直した(失礼)キャストかもしれない。チャーミングな雰囲気があってしなやかでとっても綺麗だった。また見たいな。
町さんジェミマかわいい!まずお顔がかわいいし、ニコニコっとした雰囲気がかわいい。若くてフレッシュな少女らしさが全面に出ていて、かわいい。少女漫画に出てきそうなジェミマ。
引木さんヴィクも最初見たときよりかなり良くなったと思う!子猫っけのあるかわいらしいヴィクトリア。
ゴキタップのときやサイアミーズのときのお顔がかわいい。楽しそう。
片岡さんカッサははじめまして。あまり近くで見ることができなかったのでまた見たいな。

キャストについてだけでこんなに長くなってしまった、、
肝心の舞台ももちろんとってもよかった!
演出の変更点がわかっていたので前回よりゆっくり見ることができた。
上川タガーの安定感がすごい!

スキンブルナンバーでヤクマン登場前、斎藤さんマンゴが全然スキンブル見ないでおふざけしててかわいかった。
斎藤さんマンゴは2幕始まる前も通路でお姉さんの膝にかけたストールにじゃれて遊んでてキュートだった。
中央の方の通路でも誰かが何かしていたようでかなり笑い声が起きていた。気になる〜。
ヤクマン登場直前の草場さんミストと押田さんコリコ、めっっちゃ楽しそうにバタバタバタ〜〜〜!ってわちゃわちゃ尻尾回しててかわいいの極み、ヤクマン登場すると押田さんコリコがすさまじい勢いで逃げ出して草場さんミストが哀れだった笑
一方岩崎タンブルはうわ〜やべ〜〜みたいな顔を浮かべるだけでそれもまたよし。
タガーベッドが本当にやる気なくてもうちょけて正反対の向くとかでもなく、ただただ寝そべっていてウケた。
三代川さんバブもやや困惑気味だったけど、「濃いめ!」には間に合ってよかったね。

そしてこの日いちばん悶えたのがカテコ、「皆さ〜ま〜もうご存知ですか〜♪」のメロディに合わせて猫たちが場所入れ替えてポーズとるところ、そこで町さんジェミマがぶんパスに向かって満面の笑みで手でハート♡作ってて、次の場所入れ替えでぶんパスがありがと♡って胸に手をあててにっこりしていて言葉を失った。尊いってこういうことだね、、
その前、一列に並ぶときに押田さんコリコが町さんジェミマの肩抱こうとして、町さんジェミマがスッとしゃがんで避けて、それ見たぶんパスがこら〜って押田さんコリコを小突いててかわいいのなんの!
あと、岩崎さんタンブルが山中さんランペに「しっぽ持つ?」って差し出してて、「しっぽ〜?持つ〜!」ってしっぽに触れる瞬間にスッてしっぽから手を話してしっぽは自然落下、ナチュラルに山中さんランペの手を取っててもうなにこのイケメンは。ってなった。
他のナンバーでもいろいろ見所あったはずだけど、カテコに全部持ってかれて忘れてしまった。

あらためて円形ステージのすごさを感じたし、全然まだまだキャッツを味わい尽くしてないぞ、、ってなったのでこれからもたくさん見に行こう。
何度見ても元気をもらえて楽しめるキャッツに出会えたのは本当によかったなあ。
そろそろカイサーさん以外のスキンブルが見たい。笑
あ、そうだランパスナンバーでのカイサーさん、弱そうすぎて笑った。笑
あのナンバーは楽しみどころが未だよくわかっていないのでよく見なければ。
そして別の席で見ていた母親は河津カーバと握手だったらしいんだけど、なんだかおふざけ感満載でチャーミングだったらしいので、次はカーバにも注目しなければ。

さて、ひとあし早く私のGWは終了。
明日は久しぶりに当番なのでがんばろう!
おやすみなさい。