デーリィたぬき通信

たぬきがウシと奮闘するブログ

そのギャグセンは古いです

こんばんは。

今日は札幌でセミナーだった。
昨日、今日と2日間開催だったため、昨晩はわりとみんな飲みに行っていたようだ。
そこに地震もあったりして、今朝のセミナー開始の挨拶は地震の話も絡めたものになった。
そしたら挨拶した方が「昨日は地震もあって大変でしたね。一部の人はゲイバーにいたようでしたけどwまあ、どこの誰とはいいませんがwゲイバーにねw」とのたまったので私は完全に聞く気を失ってしまった。
まず、誰がどこで飲んでいようとセミナーにはまったく関係ないし、ましてやゲイバーで飲んでいたことをウケると思って数百人向けの挨拶で話す感性が古くさい。実際誰も笑っていなかったし、その発言は個人のものでも、主催者としてそういうスタンス(そういう発言をする人を上の方に据えてしまう)なのかなと思ってどんよりした。
もちろん主催者側に魅力的な人もたくさんいるんだろうけど、冒頭の挨拶ひとつでここまで心象悪くなるのも珍しい。
自分も所属してる組織の看板をしょってることを忘れないようにしよう。

同じような話で、全然別のセミナーのあと、軽い懇親会で名刺交換をして各自二次会に流れたあと、偶然街中で同業他社の人たちとすれ違ったことがあった。
そのとき私たちは女性のみで行動してたんだけど、遠くから「おーい○○(社名)!」と声をかけられてすごく不快だった。
ただその一言だけでその会社そのものをデリカシーのない存在だと認識してしまった。
社内の人たちで固まっていたり、社内で一定のポストに就いていたりすると、自らの発言の影響力が曖昧になってしまうのかもしれない。

どこで誰が見てるかわからないから、私も気をつけよう。
おやすみなさい。