デーリィたぬき通信

たぬきがウシと奮闘するブログ

偏愛・サウンドオブミュージック

こんばんは。

記憶の新しいうちに、サウンドオブミュージックについてまとめておこうと思ったけど、もう23時…

いろいろ調べてたら小林唯くんロルフの動画まで発見してしまって、千秋楽までにもういちど観に行きたい欲が………

14日の日曜日、あるいは27日土曜日………半休を取るという最終手段まである。

 

ここから先はネタバレに次ぐネタバレです。

 

 

まず、緞帳に描かれている雲よ!(そこから)

おなじ札幌四季劇場でも、キャッツではゴミ屋敷に、Wickedならオズの世界に、ライオンキングはアフリカに、空間まるごと様変わりするんだけど、サウンドオブミュージックは緞帳のまんなかに金で縁取られた横長の楕円が描かれていて、その中に雲が立体的にみえる。

これが、緞帳に覗き窓があいていて、その向こうに山並みが広がっているような気分にさせてくれるんだな~

映画を見る前のワクワク感というか、本編が始まる前の、FOXとかの企業のCMというかロゴの動画(ひどい説明だ…ライオンが吠えたり、シンデレラ城にキラキラのアーチがかかったりする、アレです)を見ている気持ちになる。

 

開演すると、その裏側にマリア像が浮かび上がって、いっきに厳かな修道院の雰囲気に変わり、ぞろぞろとシスターが出てきて、「あれ、山は?子どもたちは?」という雰囲気になる。

今回は通路側だったのでシスターがすぐ横で歌っているのが聞こえるんだけど、澄んだ声の美しいこと!

そして「朝の祈り」が終わると、CMでおなじみの山の風景にマリアがぽつんと座っている場面に変わるんだけど、最初はスクリーンが降りていて、靄の向こうに見えるような演出になっている。

それが歌の途中だっけ?どこかのタイミングでスクリーンがパッと上がり、くっきりとマリアの様子が分かるようになって、それがまた、物語の幕開け!という感じがして大変ワクワクする。

 

あ~タイムリミットが…今週は4時起き、6時起き、5時起きと早いので気合を入れて乗り越えよう(明日が早起き最終日だけど)!

こんな感じ、いつになったらフィナーレにたどりつくかしら…笑