デーリィたぬき通信

たぬきがウシと奮闘するブログ

鹿は朝靄の向こう

こんばんは。

昨日、明け方の街を車で走っていた。
3時半とか4時とかそのあたりの雰囲気は、不思議だ。
ほとんどの人はこの時間寝ている。私だって週1回あるかないかの当番の日じゃなければこの時間には活動しない。
少なくない人が、一生で迎える午前4時のうちの多くを眠ったまま過ごすんだろう。
この間この時間にインスタを開いたら、すすきので働く子が帰り道を配信して、「見てる人全然
いな〜いwww」とはしゃいでいた。
誰も起きていないと思うと、ちょっとテンションが上がる。わかる。

時を戻そう。
大きな国道に出るまであと少し、というところで、路肩にたたずむシカに気づいた。
大きめの牡鹿で、白い角が闇にぼうっと光っていた。
正確には、気づいたというより「鹿だなぁ」と思ったに過ぎず、それが生きてそこにいるとか、飛び出してくるかもとか、全然考えずに風景として鹿を確認し、たいしてスピードも緩めずその脇を通り過ぎた。
通り過ぎた瞬間に鹿は「車だ」と私にお尻を向けてどこかへ歩いていった。
お尻を向けてくれてよかった。鹿は何を考えてるのかよくわからない。車に気づいて神妙な顔でこちらを見ていたかと思うと、こわいよー!という顔をして絶妙なタイミングで路上へ飛び出す。
鹿が動き出した瞬間に風景に魂が宿り、あー!鹿だったー!危なかったー!こっち来なくてよかむたー!と思った。
それでもなんだか神々しくて、なんだか夢だったのではと思う。明け方ならではの光景だった。危なかったな。

そんな感じで、ぽやぽやと終わった2019年。
2020年は人生の転機になること間違いなしなので、後悔のないよう過ごしたいな。
皆さまお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

お気に入りの国

 

おはようございます。
朝に更新するとはなんと珍しい!
そしてまたしても久しぶりの更新。

10月の前半は海外で過ごした。
前回の記事で書いたように初日はアメリカ、3日目にカナダへ移動!
写真はカナダ側で見たナイアガラの滝。
よく写真で見る「ホースシュー」と呼ばれるU字型の滝。
想像していたよりもずっと大きくて、大迫力で、すごかった。
自然には太刀打ちできないんだなと実感。
出張なので社員チームで見たけど、みんな「また家族と来たい」と言っていた。
滝の裏側を歩くツアーにも参加。滝の裏側はただごうごうと水が落ちていて何もわからなかった笑

カナダに移動してからは酪農家の視察や講義。
ティム・ホートンというドーナツチェーンが人気らしく、いたるところにあった。
私はここのチョコレートディップが気に入ってよく食べた。
コーヒーもおいしくて量たっぷりで、すっかりファンになってマグカップを購入。
ベーグルとかマフィンもあるようなのでそれも食べてみたかったな。
記録のために食べたものとか記事にしようかな(しない自信あり)。


写真見るとまた行きたくなる~~~。
旅立つ前は正直カナダの印象あまりなかったんだけど、行ってみたらとてもいいところだった。
移民の国なのでいろんな国籍の人が過ごしていて、食べ物もいろいろな国のものがあって、そしてビールの種類が豊富!!!
食事もおいしいし、トイレもそこまでオープンじゃなくてきれい、街並みもきれい。
仕事で行ってこれだけ楽しかったのだから(もちろん親切なアテンドの方がいたからなんだけど)、友達と行ったらもっともっと楽しいんだろうなとずっと思っていた。

旅を終えて感じたのが、英語への苦手意識って強力だな、ということ。
母親は英語が苦手で、娘に同じ轍は踏ませまいとしっかり英語の勉強をさせてくれた。
勉強というより、物心つくかつかないかくらいの頃からリトミックに通い、
ディズニーの英語教育プログラムをやり、英語ミュージカルをやっていたので、
日本語を覚えるのと一緒に英語を覚えることができた感じだ。
通った学校も英語教育に熱心で、ずっと英語の授業に力を入れていた気がする。
英語の発音を勉強する「フォニックス」というプログラムがあるんだけど、
それを小学校低学年くらいのときに英語ミュージカルの先生に習い、
日本語をしっかり習得する前(?)に英語の発音を習えたのもよかった。
そのあとに学校で文法を習い、読み方・書き方・簡単な会話→文法という、
日本語と同じ順序で英語を勉強できたのは本当に恵まれていたと思う。親に感謝。
だから発音は悪くないと思うし日常会話はできるけど、日常会話どまりだなと痛感。
カナダではアテンドの方が通訳をしてくれて基本的に会話に困らなかったけど、
自由行動のときやティム・ホートンでの注文のときなど自分で話す場面も少なくなかった。
その中でサイズの確認やレジ袋ちょうだいなどは言えるんだけど、それで「コイツ英語いけるやん」と思った店員さんがバーッと話しかけてくるとわからなくなってしまう。悔しい。
それでも私はマシな方で、同行者の中には英語ができないからもう英語圏は行きたくない、店員と話したくないから買いたいもの買えない、という人がいて驚いた。
せっかく海外に来ているのに本当にもったいない!
私も多少英語話せるんだからもう少し気合入れて勉強して、「私は英語できます」って胸張って言えるようになりたいな~。
それにしても楽しい旅だった。本当にまた行きたい。だらだら散歩して食べて飲んで観光してわいわい5日間くらい過ごしたい!

ということで、今日はこれから昼ごはん食べてリトル・マーメイド!
そのあとは飲み会。平和に終わるといいんだけど…

さっそくアメリカン

こんばんは。
金曜の夕方に成田を発ち、同じく金曜の夕方にウィスコンシン州に着いた。
12時間のフライトも、映画観て機内食食べてウトウトしていたらあっという間だった😪
実写版のアラジン観られたー!実はちゃんとストーリー把握してなかったけど、これでばっちり。2月の劇団四季が楽しみ🙌💕
そして向かうはステーキハウス。これぞアメリカ!まさにいきなり!ステーキ🥩笑

ステーキの値段は一律で、部位によって肉の大きさが変わる。
冷蔵庫から塊肉をセルフで取り出してセルフで焼くスタイル。私はTボーンステーキを。

う〜ん、ビールも巨大だしいいね!
このビールはウィスコンシン州でしか飲めないビールで、spotted cowというらしい。かわいい!🥰
最後にデザートが無料でついてきて、これまたザ・アメリカなチョコレートケーキを食べた。
ケーキ6種類くらいあって、おっきなお皿に1種類ずつ載せた見本を持ってきて選ばせてくれるスタイル!なんか懐かしい☺️💕
(そしてテーブルについてくれたお兄さんがメチャ格好よかった 笑)
こちらは5日の朝7時半。ぼちぼち出かけます。

おやすみなさい。

晴れ晴れ?

こんばんは。

今日はずっとドキドキしていた。
明日から海外出張だから…ではない。
ついに仕事を辞めますと伝えるのだ。
まあ完全にタイミング最悪だけど、定例の面談があったのでエイヤで言ってしまうことにした。
私の会社は完全に人手不足で、ご多分に漏れず私の部署もいっぱいいっぱいである。
牛に関わっている以上、ハイ規模縮小というわけにもいかない中で辞めるのは心苦しいけど、そう言ってたらいつまでも辞められない。
というわけで、面談の最後に辞める宣言をしてきた。

私はどちらかというと会社好き、結婚しても辞める気はないです、と言ってきたので完全に寝耳に水だったと思う。
でも、いろいろな縁とタイミングが重なって、本当にやりたいことをやるにはこのチャンスを掴むしかないと思い、なんとか伝えることができた。
ずっと心にあったことを伝えられてスッキリするかと思ったけど、退社宣言を受けた上司がものすごく沈んでしまったので心が痛い。
辞めるときまでは精一杯努力しよう。
なんだかほんと、いいだけ投資してもらって何も還元できなかった気がするな。

幸運の女神には前髪しかない。
掴んでやりましょうー!

おやすみなさい。